MENU

キャピキシルに副作用はある?

ドクター

キャピキシルは比較的最近になって育毛剤業界にあらわれた「最新育毛剤」と呼べる薬の一つです。しかし育毛剤も使い方によっては副作用が生じることがありますから、こうした新しい存在に対して懐疑的な目を向けてしまう人も多いものです。

 

例えば化学物質が使われている育毛剤であれば、肌に合わずニキビや吹き出物ができてしまったり痒みを生じたりと言った副作用がよく報告されています。また、内服タイプの育毛剤だとより強烈なアレルギー症状や嘔吐、めまい、人によっては性機能の低下もあらわれることがあります。

 

発毛〜育毛の効果が強いものほどこうした副作用のリスクも大きくなる傾向がありますから、キャピキシルにも同じ心配をするのは仕方ないことでしょう。では実際のところ、キャピキシルの安全性はどうなのでしょうか。

 

キャピキシルは安全性が高い

アカツメクサ2

まず大切なポイントとしてチェックしたいのが「キャピキシルは自然由来の成分である」ということです。アカツメクサをはじめとした数種の植物エキスを原料としていますから、先ほど触れた化学合成物質による副作用のリスクはかなり低いとして考えることができます。

 

また内服薬ではないことから体への負担もそこまで大きくはなく、立ち位置的には「塗る漢方薬」のようなところにあります。そのため医薬品成分として定められているような成分を使った育毛剤と比べると、キャピキシルのリスクはかなり低いとみて良いでしょう。

 

ただ絶対に副作用がないのかと言われるとそうでもなく、特にアレルギー体質の人に関しては慎重に判断をした方が良いのも事実です。あくまでも100%ではありません。そのため絶対安心として考えるのではなく、様子をみつつ使っていくようにしましょう。

 

キャピキシルに替わりはあるの?

副作用

もしキャピキシルが肌に合わなかった場合はどうすれば良いのでしょう。残念ながら明確にキャピキシルの代わりになると断言できるような成分はほとんどありません。特に発疹などのようなアレルギー症状が出てきてしまった場合ですと、植物成分を使った他の育毛剤を利用する場合もかなり慎重な判断をした方が良いでしょう。

 

一応キャピキシルとは全く異なり医薬品として発毛効果があるとされるフィナステリドなども代替成分として候補に挙げることができますが、化学合成で作られている成分であるため副作用のリスクはむしろ大きくなる可能性の方が高いです。

 

もし使用してみて問題が起きたということで代替成分を求めるのであれば、まずは専門クリニックを受診してみるようにしましょう。

 

初期脱毛について

初期脱毛

育毛剤を使い始めてほどなくしたころ、急に抜け毛が増えてしまう現象があります。これはキャピキシルに限った話ではなく、逆に育毛剤の効果が出始めると起きてしまう症状。

 

簡単にいうと、ヘアサイクルが正常化するに従って新しい髪が古い髪を押し出そうとする力が強まるからです。特にキャピキシルはミノキシジルに比べて3倍の発毛反応があると言われています。このため、新しい髪の毛が成長期に入るまでは抜け毛が多くなったと感じることがあるようです。

 

使い始めにこのような症状が起こると、
「肌に合わなかった!」

 

「副作用だ!」

 

と思いがち。すぐに使用をやめてしまう人も多いです。しかし頭皮が荒れるなど明らかな副作用でない限りは初期脱毛の可能性が高いです。育毛は半年〜1年の長いサイクルで取り組むもの。キャピキシル自体は育毛成分の中でも非常に安全性が高いものですから、焦らず誤解せず、地道に取り組んでくださいね。

 

▼当サイト推薦キャピキシル育毛剤▼

キャピキシル フィンジア 育毛剤

 

>> キャピキシル育毛剤の【本当の効果】  TOP