MENU

キャピキシルとフィナステリド、発毛力は?

フィナステリド

男性の薄毛に特に有効とされている発毛成分としてミノキシジルがあります。特徴としては血管を拡張することによる血行の促進であり、AGAに対しても有効とされています。しかしながらさらに強力な成分も存在し、それがキャピキシルと呼ばれる成分です。

 

ミノキシジルと比較して約3倍もの効果があると言われており、さらに効果的な薄毛対策が行えるのではないかとして注目されています。そしてキャピキシルは発毛を促す作用だけでなく、5αリダクターゼを阻害する力を持っているのも特徴です。

 

5αリダクターゼはAGAの原因になり、通常はフィナステリド錠を用いて対策をします。ところがキャピキシルも5αリダクターゼを抑制する作用を持ち、フィナステリドとの比較でも近い作用をする可能性があると見られているのです。

 

キャピキシルとフィナステリド、安全性は?

stop

AGA対策を行う上で特に心配をしなければいけないのがフィナステリド錠の副作用です。男性機能を弱くしたり肝機能障害が起こるなどのリスクもある成分ですので、健康の為にも度外視することはできないと言えるでしょう。

 

しかしフィナステリド同様に5αリダクターゼの抑制作用を持つキャピキシルの場合ですと、天然由来の成分によって構成されているということもあり、フィナステリドとの比較をしても副作用のリスクは非常に低いのです。

 

ほとんど副作用の心配をせずとも良いくらいに安全に使える成分となっていますので、安全性という面でキャピキシルには優位性があると言えるでしょう。また、フィナステリドとの比較だけでなく、ミノキシジルと比べても安全に使える成分となっています。

 

キャピキシルはどのような人に向いている?

○×

使用が適している人の特徴としては、とにかく安全な対策を希望される方です。ミノキシジルやフィナステリドは副作用を心配しなければいけませんが、キャピキシルならその心配もなく安心して利用することができます。

 

特に育毛剤の使用で実際に副作用に見舞われてしまった時にはキャピキシルへとシフトしてみるのも良いでしょう。

 

手軽な対策を行いたい方にもお勧めと言えます。AGA対策はミノキシジルとフィナステリドを併用して行うのがセオリーですが、双方を併用していくのは手間にもなってしまうものです。キャピキシルの場合はこれだけで発毛の促進と脱毛の予防をすることができますので、手間なく薄毛対策を行えるようになるはずです。

 

 

>> キャピキシル育毛剤の【本当の効果】  TOP