MENU

キャピキシルは男性型脱毛に効果的

男性型脱毛

キャピキシルはミノキシジルの3倍の発毛効果があるとされていて、とくに薄毛の初期生え際のM字脱毛に効果があります。薄毛の初期の段階では、キャピキシルの有効成分によって、太く健康な髪の毛が増えるので、脱毛を少なくして生え際の後退を防ぐことができます。

 

男性型の薄毛の原因は、男性ホルモンの働きによって作られる物質・5αーリダクターゼ還元酵素。キャピキシルはその原因物質の働きをストップさせるので、薄毛の進行を遅らせることができます。また植物成分なので副作用が少ないのも特徴で、半年以上使い続けることで効果を実感することができます。

初期の薄毛はあまり目立ちませんが、放置しておくと手遅れになるので、早めの対策が肝心。

 

キャピキシルは生え際で効果を発揮

生え際

生え際は男性の薄毛が一番多い部分。
男性ホルモンの影響を受けやすい

 

顔の中でも皮脂が出やすい

 

ストレスで血流が滞りやすい

 

などの原因が重なり脱毛が発生します。毎日チェックをして、薄毛の進行がわかったら、なるべく早く抜け毛の対策を始めることが大切です。

 

キャピキシルは男性ホルモンによって作られる原因物質の働きを弱めるので、生え際のM字脱毛の進行を止めることができます。しかし短期間で使用を中止してしまうと生え際の後退がまた始まってしまうので、健康な髪の毛が増えて、薄毛の状態が完全に改善するまでは何年でも使い続けなければなりません。

 

キャピキシルは植物成分で作られているので、副作用の心配もほとんどありません。長く使い続けることでM字脱毛の進行が止まるので、なるべく早い段階で使いはじめると、抜け毛を減らして効果的に薄毛を予防することができます。また、キャピキシルと合わせて発毛を促す作用の成分を併用するのも良いと言われています。

 

キャピキシルは頭頂部にも効果ある?

頭頂部

頭頂部の薄毛は男性ホルモンの影響のほか、食生活や睡眠不足によって脱毛が発生すると言われています。女性にも起こり得る脱毛個所です。また頭頂部は紫外線を浴びやすいので髪が傷みやすく、さらに頭皮の状態も悪くなりやすいので、紫外線対策をしないと薄毛の進行が早まることもあります。

 

帽子などで薄毛を隠してしまうと、湿気が高くなって細菌が繁殖するので、頭皮の衛生状態が悪くなって、健康な髪の毛を減らしてしまいます。

 

キャピキシルは頭頂部の薄毛にも効果があるので、使い続けていることで脱毛原因を抑え込み、薄毛を改善することができます。ヘアサイクルは半年なので、育毛剤などを使用してもすぐには効果があらわれません。しかし使い続けることで髪が太くなり、頭頂部の薄毛も目立たなくなります。特に頭頂部は生え際に比べれば復活しやすい部位ですので、諦めずに継続していきましょう。

 

>> キャピキシル育毛剤の【本当の効果】  TOP